30~40くらいの服を考える

アラサー、アラフォーの服はどこに気を使うべきなのか

服に興味がない人がやらかしがちな問題

試着しないで買っちゃう問題

特にパンツ(ズボン)は必須。裾上げもします。お店にもよりますが、適切な丈を店員が勧めるので素直にそれに従うのがいいと思います。
試着せずに裾上げもせずに買ったんだろうな、という方を時々見かけますが、そういうのは伝わります。

サイズを知らない問題

同じMサイズでもメーカーやブランドにより胴回りも袖丈も異なります。なので、いつもMを買っているからといって、どこで買ってもMがちょうどいいサイズ、ということはありません。お店で買う時はとりあえず広げて確認を。
お店の人が声をかけてくるかもしれませんが、最近はべったりとずっと付いてくることも少ないので適当に返事を返しておけばいいでしょう。

サイズ大きすぎ問題

服が似合っていないと見える一番の原因はサイズがあっていないこと。そして、ほとんどの場合、服が大きすぎます。服は清潔感が大切!みたいな話しがありますが、大きすぎる服は清潔感を損ないます。はたから見れば裾を引きずるのは腰パンと変わりません。腰パンがだらしないと感じるのであれば、裾を引きずるのも大きすぎる服を着るのもやめるべき。

センスが必要な服を選ぶ問題

服に対して苦手意識の強い方は、センスがないから、という話しを聞きます。しかし、どちらかというと、そういう方の方がセンスが必要な服を着ています。
たとえばチェックのシャツ。無地のシャツよりもチェックのような柄物の方が上手くコーディネートするためにはセンスが必要です。わざわざ難しい服を選んでいるのです。他にも、ミリタリー物もセンスが必要な難易度高めだけど何故か選ばれがち。
無難なものだけを集めて着ていてもセンスがいい、と思われている人は沢山います。無難な服でいいのです。

服ボロボロすぎ問題

服に興味がないから服にお金を使いたくない、だから服はボロボロになるまで着る。という方も結構います。

立ち読みで表紙がボロボロになった本とその下の綺麗な状態のものと、どちらを選ぶかといえば綺麗な方でしょう。中身が一緒でもわざわざボロボロの方を選ぶことはありません。人間も中身が同じなら外見が綺麗な方が選ばれます。
いつも真っさらな新しい服を着る必要はありませんが、擦り切れるまで着るのは考え直した方がいいのでは?

季節感がない問題

まだまだ肌寒い5月から半袖を着るのもどうかと思いますが、冬物をいつまでも着ていると野暮ったい。冬物は色も作りも重い感じなので、4月にもなると全く合いません。まだまだ寒い日もある北国の方がどちらかというと冬物を着るのを止めて春物に切り替える傾向があるような気がします。東京だと5月になっても冬物を着る方は少なくありませんが、気分が上がらないので4月になったら冬物はやめましょう。